つるや ONESIDER NS-01 ドライバー

マイナーなイメージのある つるや ですが、けっこう良いドライバーを作ってます。ONESIDR NS-01 の 特長は重心角が多めで、シャフトが短めとなっています。スライスを絶対に減らすということを考えたドライバーです。

つるや? とか言われそうですが、スライスが治らないゴルファーのためのことを考えた、クラブを真剣につかっています。本当に捉まりが良いドライバーです。捉まりが良いというか、フック系のボールを打ちやすいドライバーとなっています。シャフトの短さが、構えた時に安心感を与えてくれますので、スムーズに振り抜くことができます。

ヘッド体積:450cc
クラブ長さ:44.75インチ
重心角:33.5度

 

シャフトスペック

純正装着シャフト:ONESIDER NS-01 オリジナルシャフト
フレックス:S、R
フレックス シャフト重さ シャフトトルク バランス 調子
S 53グラム 4.7 D1 先調子
R 51グラム 4.7 D1 先調子

 

つるや ONESIDER NS-01 ドライバー 中古 購入

つるや ONESIDER NS-01 ドライバー | 中古在庫一覧

テーラーメイド r5 XL PLUS Type-D ドライバー

2008年モデルのドライバーです。SLEルール適合モデルです。D Type は ドローが打ちやすくなっているモデルのことです。構えてみると、強烈なフックフェースとなっており、不安になるかもしれません。ですが、とても捉まりが良いドライバーです。かなり、スライスを減らすことができますし、直進性の高い弾道が打てます。というよりも、ドローが打ちやすい。ドローというよりは、フックが打ちやすいドライバーという感じです。

USモデルでM2 D-TYPE、M4 D-TYPE ドライバーがありますが、似た様な捉まりの良さを持ったドライバーです。

最近のドライバーと大きく異なる点は、バックスピン量が多いということです。若干、吹け上がってしまいます。ただ、バックスピン量が発生しているということは、ボールが左右に曲がるスピンを相殺してくれるような感じで、直進性が高くなります。

最近の新しいモデルの低スピンなボールが打ちやすいドライバーで、ボールが高く上がらない、曲がり易いという人は、テーラーメイド r5 XL PLUS Type-D ドライバー のような古いドライバーで、バックスピン量をあるていど発生させた方が、ボールに揚力を与えて、ボール上げられるでしょうし、左右の曲りを軽減できる可能性もあります。

最近の新しいドライバーよりは、明らかに打感と打音が良い。心地よい金属音がします。

 

純正装着シャフト

純正装着シャフト:XL-50

XL-50 シャフトスペック

フレックス シャフト重さ トルク バランス 調子 クラブ総重量
S 55 4.5 D0 中調子 307
R 51 5.0 D0 中調子 307

 

テーラーメイド r5 XL PLUS Type-D ドライバー 購入

中古市場価格帯:~ 6,000円前後
テーラーメイド r5 XL PLUS Type-D ドライバー | 中古在庫一覧