テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバー

テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバーの紹介です。ヘッドのみ単体で販売されてることもあり、今使ってるシャフトを流用したい場合は、ヘッドのみ購入すればコスパ良いです。2020年モデル SIMシリーズが登場してM6シリーズの価格が安くなってるのでオススメです!

 

テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバー

テーラーメイド2019年もD-TYPEドライバーが発売されました。
M6 D-TYPE ドライバーです。

M4D-TYPEの後継モデルとなります。今まで通りドローバイアスを強く入れて、ドローボールが打ちやすい構造となっています。やはり従来のモデルは捉まりを抑えており、フック持ちのゴルファーや叩けるゴルファーがフック系のミスを抑えながら、安心して打てる構造となっています。D-TYPEは、スライス回転を減らして直進性を高めて打てるドライバーです。

従来のM6ドライバーよりもボールが捕まりますし、ドローボールが打ちやすいです。従来のM6ドライバーではスライスが増えてしまったという人におすすめできるドライバーです。

スピードインジェクテッド


2019年モデルは、はじめからフェースを高反発で製造して、反発係数をルール適合のギリギリにまで調整するためにフェース面裏に樹脂を注入しています。簡単にいってしまえば、今までにない反発力が得られる構造となっています。

 

ツイストフェース


前作にも搭載されていた捻じれたフェース、ツイストフェースを搭載しています。

 

低重心+深重心


ヘッドクラウンとソール側にもカーボン素材を使用しており、今まで以上に軽量ヘッドとなっています。ヘッド後方に取り付けられたウェイトは、46グラムとなっています。つまり、ドライバーヘッドの重さは公開されていませんが、約150グラムであると推測できます。これは、とてつもない高い技術力があるということの証明ともいえます。

スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • 選べるロフト角:9度、10.5度、12度
  • 長さ:45.75インチ
  • 標準シャフト:Project X EvenFlow MAX 45
  • バランス:D3
  • グリップ:47グラム

 

Project X EvenFlow MAX 45 シャフトスペック

トルクが5.6となっており、USモデルのドライバーに装着されるシャフトとしては、けっこうソフトスペックです。

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量
6.0(S) 53 5.6 304
5.5(R) 52 5.6 303
5.0(A) 51 5.6 302

 

M6 D-TYPE ドライバー ヘッドのみ

ヘッドのみ販売されていることもあります。手持ちのシャフトが使えますし、コスパも良いです。

 

M6 D-TYPE ドライバー 中古

やっと、中古市場に流れてきました。品数が少ないので、気に入ったスペックが見つかるかは難しいところです。

ゴルフパートナー
こちらは、中古のM6 D-TYPE ドライバーです。
テーラーメイド M6 D-TYPE ドライバー 中古一覧

 

関連記事

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー

 

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー

  • ヘッド体積:275cc
  • 長さ:43.75インチ
  • ロフト角:11.5度、13.5度

シャフトは、KUROKAGE TM5 2019が装着されます。

テーラーメイドのミニドライバーは、ツイストフェース搭載、ヘッドにはカーボンを使用しており軽量ヘッドで低重心化が図られています。アジャスタブルホーゼル付きとなっているので、シャフトの脱着も簡単です。

テーラーメイドからミニドライバーが発売されました。とても人気のあるドライバーです。テーラーメイドのミニドライバーの良い点としては、シャフトの長さが短いこと。そして、ヘッドが小さいこと、この2点です。どうして、シャフトが短くて、ヘッドが小さい方が良いのかを解説します。

 

ツイストフェース

ミニドライバーといえども、テーラーメイドの最新特許技術のツイストフェース(捻じれたフェース)を搭載しています。これにより打点がズレても直進性の高いボールが打てます。

 

スピードポケット

ソール側のフェース面寄りには専用のスピードポケットが設けられており、打点がズレても強い反発で打てるようになっています。

 

シャフトが短い方が有利

シャフトが短い方が振りやすいですし、構えやすいし、ナイスショットしやすいからです。従来のドライバーの長さは、45.75インチが一般的となってきており、普通に構えると長さを感じますし、少しでもチカラが入ってしまうとテンプラになったり、ダフってしまうこともあります。このような事から、シャフトが長い方が打ち難くなりますし、ミートさせて打ち難くなります。

ですから、シャフトが短い方が打ちやすくて有利なのです。ドライバーが苦手だという理由のひとつとして、長いからと言う理由が挙げられます。

実際にゴルフクラブというのは、シャフトが長くなると難易度が上がってきます。アイアンよりも、シャフトが長いフェアウェイウッドの方が難しく感じるのもシャフトの長さが大きく影響しているからです。シャフトが短い方が振りやすいですし、ミート率も上がりやすくなりますし、従来のドライバーと同じくらいの飛距離で飛ばすことができます。

 

ヘッドが小さい方がボールが捕まる

ドライバーヘッドが小さくなると、ヘッドの返り易さに影響を与えている重心距離が短くなります。重心距離が短くなると、ボールが捕まりやすくなりますので、スライスし難くなります。これは、大きなメリットとなります。飛ばせないゴルファーの多くは、スライスが多いです。スライスしてしまうことで飛距離を落としていることが多いからです。

ミニドライバーは、ヘッドが小さくて、重心距離が短くなるので、自然とボールが捕まってスライスを減らすことができます。

 

日本国内でも販売

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバーは、とても人気があるので、日本国内でも販売されることとなりました。テーラーメイド公式オンラインショップから購入できます。

 

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 中古購入

やっと、中古在庫が増えてきました。コスパよく購入したいのであれば中古がオススメです!様々なシャフトがありますので、注意してください。

KUROKAGE TM5 2019 が標準装着シャフトです。

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー|KUROKAGE TM5 2019(S)
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー|KUROKAGE TM5 2019(SR)
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー|KUROKAGE TM5 2019(R)
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー|中古一覧