真っ直ぐ飛ばすドライバーの重要性

 

有名ゴルファーが使ってるドライバー

ゴルフスコアがまとまらないのは、ティーショットでのドライバーのミスが多いからというゴルファーは少なくありません。スコアはティーショット次第というゴルファーは多いです。どうして、そんなにドライバーのミスが多いのか、どうしてドライバーが安定して打てないのかというのは、今使ってるドライバーが自分に合ってないからです。

ゴルフクラブのドライバーの構造を知らないゴルファーは、どうしても有名ゴルファーが使ってるドライバーが良いと思ってしまいます。また、良いのか悪いのか、有名プロゴルファーが使ってるドライバーが購入できてしまう世の中です。プロゴルファーが使ってるドライバーをアマチュアゴルファーが使って、うまく打てる訳がありません。

どんなに上級者ゴルファーでも優しく打てる、簡単なドライバーを使ってることが多いです。いいえ、上級者ゴルファーの方が、優しくて、簡単なドライバーを使ってる傾向があります。

それは、ミスをしないからであり、ミスを減らして、自分の思い通りのゴルフをしようと考えているからです。だからこ、ゴルフスコアがまとまってきます。

ここで伝えたいのは、有名プロゴルファーが使ってるドライバーを選ぶのではなくて、アベレージゴルファー向けドライバーという初心者向けのドライバーを使った方がティーショットのミスが減らせますし、ドライバーのOBを減らせます。

 

ゴルフスコアは、ティーショット次第

ゴルフ場でよく見かけるのは、ゴルフスコアがまとまるかどうはティーショット次第というゴルファーです。ティーショットが安定してれば、スコアがまとまってくるという感じのゴルフをしてます。これでは、なかなかスコアが良くなりません。

ゴルフスコア100切れるかどうかというゴルファーの場合、ティーショットでのドライバーが不安定で、左にいったり、右にいったり、スライスしたりと、その都度バラバラの弾道となることが多く、予測できないことが多いです。

このようなゴルファーの場合、ゴルフスコアはティーショット次第となります。

ティーショットが良ければ、スコアがまとまってくるという感じです。このようなゴルファーの弱点といえば、ティーショットとなりますし、ドライバーショットを安定させることができれば、スコアがまとまってくるということになります。

 

最近のゴルフドライバーのトレンドを知る

最近のゴルフドライバーのトレンドを知ることは大切です。少し前であれば、バックスピン量を減らして、低スピンが打てるドライバー、低重心のドライバー、適切な打ち出し角度で打てるドライバーというのが、適切なキャリーとランで飛距離が出せると言われてました。

最近は少し概念が変わってきて、ボールがつかまるドライバーが良いとされてます。

ボールがつかまるというのは、インパクトにかけて、ドライバーヘッドが閉じるようにインパクトして、フック系のドローボールが打てるようなドライバーです。ボールがつかまるというのは、ゴルフボールとフェース面が衝突したときに、フェース面でゴルフボールを擦ってしまうような動作をしないドライバーのことです。

ボールをつかまえることで、スライスを回転を減らして、飛ばせます。また、ボールがつかまる方がフェース面の反発力が強くなりますので、ボールスピードが速くなり、飛距離アップできます。

だから、最近はボールがつかるドライバーが増えてます。また、ボールがつかまるように重心角・重心アングルを大きくしているドライバーが増えてます。

選ぶべきはスライスを減らして、真っ直ぐ飛ばせるドライバーです。

 

ボールが捕まらないとフェースの反発も活かせない

スライスしてるということはフェース面が開いた状態でインパクトしてるということです。だから、スライス回転が発生してしまうワケです。スライスしてる間はフェース面の反発力を活かすことができません。どんなに弾きが良いフェース面だったとしても、フェースが開いてる状態では弾きが活かせません。フェース面の反発力を活かすにはボールを捕まえて打つ必要があります。この場合、スイングでボールを捕まえられれば良いのですが、なかなか難しいです。

ヘッドローテーションしてくれるドライバー

なので、自然とヘッドローテーションしてくれるようなドライバー、ボールの捕まりが良いドライバーを使うことで、スライス回転を減らして、ドローボールが打てるようになります。そして、ボールが捕まらなければ、フェース面の反発力が活かせません。だから、ボールを捕まえて、真っ直ぐ飛ぶドライバーが重要であり、まっすぐ飛ぶドライバーを使ったほうがスコアが良くなりますし、飛距離アップもできます。

 

ボールが捕まらないと飛距離アップできない

ぶっちゃけ、スライスばかり打ってるゴルファーというのは、飛距離アップできません。
そして、スコアアップできません。

ゴルフは飛ばさないといけません。飛距離ばかり追求しても上達しませんが、それなりに飛ばせないとスコアがまとまりません。また、スライスばかり打ってるようでは、全く話になりません。初心者ゴルファーにありがちな、ティーショット次第でスコアが決まってしまうという感じになってしまいます。

ティーショットがうまく打てないということは、もともと適切なスイングができてないとも言えます。

スライスボールは飛距離がでません。弾道が高くて、右に曲がりますので、飛距離ロスしやすいです。なので、ボールを捕まえて、スライスを減らして、フック系のボール(ドローボール)を打てるように練習することが必要です。とても難しいことなのですが、ドローバイアスの入ったドライバー、スライスし難いドライバーを使うことで、ドローボールを打ちやすくなります。

スライスしないドライバーの選び方

スライスしないドライバーの選び方は、2種類あります。ボールが捕まるドライバーヘッドを選ぶ、もうひとつはシャフト剛性によってボールを捕まえる。この2種類です。順番に解説します。つまり、スライスしないドライバーヘッドを選ぶか、スライスしないシャフトを選ぶかのどちらかとなります。

 

スライスしないドライバーヘッド

スライスしないドライバーヘッドは今までにも紹介をしております、ドローバイアスの入ったドライバーです。重心角(重心アングル)が大きく入ったドライバーヘッドの方が、ヘッドローテーションしやすく、自然とボールを捕まえてくれるのでスライスを簡単に減らすことができます。

ヘッドスピードが速いゴルファーが、ドローバイアスの入ったドライバーヘッドを使用すると、ボールが捕まりすぎてしまってフック系の弾道が増える可能性があります。チーピンなどのミスが増えます。というよりも、打ち出し方向がはじめから左方向に飛び出すことが増えてしまいます。

なので、ヘッドスピードが速いゴルファーは、捕まりを抑えたドライバーを好む傾向にあります。そして、スイングスピードが遅いゴルファーなどが、ボールの捕まりを抑えたドライバーを使うとスライスしやすくなります。それも当たり前で、ボールの捕まりを抑えているからです。

なので、スライスが多い人は、はじめからドライバー選びが間違ってる可能性が高いです。

スライスを減らしたいのであれば、重心角(重心アングル)が大きく入ったドライバーを選ぶことが重要です。

テーラーメイドのD-TYPE

テーラーメイドの場合、USモデルとして D-TYPEというドライバーヘッドがあります。日本国内では発売されてませんが、とてもボールの捕まりが良くて、自然とヘッドが返ってくれるのでボールを捕まえて飛ばしやすいです。また、ボールが捕まるということは、フェース面の反発性能が十分に活かされますので、今まで通りに打ってみても、平均飛距離アップしてることを感じさせてくれます。

2020年モデル SIMシリーズでは、SIM MAX D ドライバーというのが、今までのD-TYPE ドローバイアスが入ったモデルとなります。
こちらは、発売されたばかりです。

M2 D-TYPE、M4 D-TYPE、M6 D-TYPEは中古などで購入することができます。
たまに、某オークションサイトや個人売買サイトなどでヘッドのみ販売されてることもあります。

 

スライスしないシャフト

シャフト剛性を活かすことでボールを捕まえて、スライスを減らすことができます。

一般的に市販されてるドライバーに装着されてる標準装着シャフトは、かなりトルクが大きいです。簡単にいってしまえば、とても柔らかくて、撓りやすいということです。勢いよく振れば、シャフトが撓ってしまって、ヘッドの戻りが遅れてしまい、フェースが開いた状態でインパクトしやすくなります。つまり、スライスしやすくなります。

シャフトが柔らかすぎて、ヘッドが遅れてしまう場合は、トルクが少ないシャフト(硬いシャフト)を選ぶことで、撓り戻りを速くさせて、素早くヘッドが戻ってくるようになります。

単純にシャフトが硬ければ、ボールが捕まるという訳ではありません。トルクが少なくて硬いシャフトでも先調子、先中調子などのシャフトの先端が動きやすいシャフトの場合は、撓りすぎてしまってスライスを打ってしまうことも多いです。

本来、先調子・先中調子というのは、ヘッドが動きやすくて、ボールを捕まえて、高弾道が打ちやすいという性質を持ってますが、あまりにもヘッドが動きすぎてしまい、スイングのタイミング取り難くなることもあります。

ヘッドスピードがそれほど速くない人は、先調子・先中調子のシャフトでボールを捕まえられるようになります。それは、スイングが変わったのではなくて、インパクトにかけてシャフトの先端が勢いよく走ってくれるからです。

どのシャフトを使えば、ボールが捕まるのかというのは、スイングタイプによって異なってきますので、一概には言い切れません。フィッティングなどを行って、自分のスイング特性を知ることが重要です。

 

ボールをヘッドで捕まえるか、シャフトで捕まえるか

選び方は大きく2つあります。ヘッドの構造でボールを捕まえるか、シャフトでボールを捕まえるかです。

ヘッドの構造でボールを捕まえる

ヘッドの構造でボールを捕まえて、スライスを減らすのであれば、ドローバイアスの入ったドライバーヘッド、重心角(重心アングル)が大きいヘッドを選ぶと良いです。メーカーによっては、重心角(重心アングル)が公表されてないこともあります。

シャフトでボールを捕まえる

シャフトで捕まえる場合、フィッティングをされると良いです。または、中古シャフトを購入して色々と試してみると良いです。フィッティングする場合、どうしても新品購入を求められる可能性が高いので、コスト的に余裕が無いという人は難しいかもしれません。ただ、最近は初回無料診断などを行ってるゴルフショップもありますので、そのようなショップに相談するのもアリです。

 

ネット経由で購入する

最近は、ショップに行くよりもネットショップで購入するという人の方が多くなってます。わざわざショップに行くよりは、ネットで購入した方が便利ですし、品物が直ぐに届くので助かります。

ネットで購入するとなると、試打をすることは難しくなりますから、購入しようと考えてるモデルの特性、性能を把握してから購入することが大切です。

テーラーメイドのスライスしないドライバー D-TYPE ドローバイアスが入ったモデルは、USモデルです。SIM MAX D ドライバーが、2020年最新モデルのドローバイアスが入った、スライスしないドライバーです。

その他、過去モデルは中古で購入すると良いです。品数の多いゴルフパートナーがおすすめです。以下、中古モデルをピックアップしてありますので、チェックしてみてください。

M2 D-TYPE ドライバー

M4 D-TYPE ドライバー

M6 D-TYPE ドライバー

 

テーラーメイドのスライスしないドライバー

やはり人気あるのはテーラーメイドです。テーラーメイドのスライスしないドライバーは人気があります。ですが、従来のモデルの場合、スライスしやすい。というよりも、ボールのつかまりを抑えており、インサイドから打ってドローボールが打てるゴルファー向けのドライバーとなってます。

ですから、従来のM2ドライバー、M4ドライバー、M6ドライバーなどは一般的なゴルファーが打つとスライスしやすいです。

逆に、D-TYPE ドローバイアスが入ったドライバーは、ボールが捕まるのでスライスを減らせます。