スライサー向けドライバーの選び方

スライサー向けドライバーの選び方を紹介します。

 

ドライバーはもともとスライスしやすい

ドライバーというクラブは、ゴルフクラブの中でもっとも飛距離を出せる、飛ばせるクラブです。その反面、少しでも打ち方がおかしいとスライスしやすいです。ドライバーがスライスしやすい原理を紹介しますので、これを覚えて下さい。

 

フェース面が開きやすい・ヘッドが返らない

ドライバーは、ヘッド体積が460ccというのが一般的です。かなりのデカヘッドとなりますから、重心距離が長くなってしまい、インパクトに向かってフェース面が閉じ難く、ヘッドが返り難いという特徴があります。すると、フェース面が開いた状態でインパクトしてしまうので、スライス回転が発生して、スライスボールとなりやすいです。

 

ヘッドが小さい方がスライスしない

ドライバーはデカヘッドで重心距離が長いからスライスしやすのであれば、ヘッドボリュームが小さなドライバーの方が良いと考えるはずです。いきなり、ヘッドの小さいドライバーを購入するのも良いですが、フェアウェイウドを代替とすると良いです。

ドライバーはスライスしやすいけど、フェアエイウッドだときちんと打てるというのは、フェアウェイウッドの方がヘッドが小さくて、重心距離が短いのでインパクトに向かってフェース面をスクエアに戻しやすいというメリットが活かされてるからです。このようなゴルファーはとても多いです。

また、フェアウェイウドの場合、シャフトが短いので、打ちやすさも加味されており、ナイスショットの確率が高くなります。

といっても、しっかりとしたスイングで打てなければ、フェアウェイウッドでも簡単にスライスしてしまいます。

 

フック系のミスを考慮したドライバー

一般的に市販されてる、飛ぶドライバーというのは、ある程度のヘッドスピードで打てるゴルファー向けを考慮した設計となってます。おもいっきりフルスイングしたときのことを考えられており、いわゆる「叩く」という打ち方をしてもミスし難い設計となってます。ヘッドスピードが速くて、叩けるゴルファーの場合、フック系のミス(左のミス)が増えます。つまるところチーピンです。

フック系のミスが出るということは、ヘッドを返し過ぎてる、ロフトを立てた状態でインパクトしているとも言えます。それほど悪いことではありません。ですので、フック系のミスが出難くするために、ややオープンフェースにしていたり、スクエアなフェースのドライバーが多いです。

オープンフェース、スクエアフェースのドライバーをスライサーが打つと、スライスしか打てません。もともとフェース面が開いてるので、今以上にスライスしやすくなります。

テーラーメイドのドライバーなどは、もともとアスリート向けなので、左のミスを減らすための設計がされてます。なので、上述した通りにスライサーが打つとスライスが増えてしまう可能性が高いです。インパクトに向けてフェースを閉じるように打つことができれば、ストレートボールが打ちやすくなります。

 

シャフトとの相性

ドライバーヘッドの構造としては、フック系のミスを減らせるヘッドでもシャフトの組み合わせによってはボールが捕まるドライバーにすることができます。例えば、先中調子というシャフトの先端側が撓りやすいシャフトを装着することで、ドライバーヘッドを走らせて、ボールを捕まえて、高弾道が打ちやすくなります。

一般的に市販されてるドライバーの標準装着シャフトの殆どは、先中調子となってるのは、シャフトでボールを捕まえて、高弾道が打てるし、万人向けだからです。

ドライバーヘッドの構造だけではなく、シャフトの特性を知ることも大切です。

シャフトとドライバーヘッドの相性

最近、シャフトとの相性を考慮したドライバーヘッドが増えてます。
もしかしたら、ドライバーヘッドの性能を活かせるシャフトを組み合わせてることもありますが。

シャフト性能を活かすことで、ボールの捕まりが悪いドライバーヘッドも、ボールが捕まることもあります。例えば、スピーダーの先調子系のシャフト、グラファイトデザインのGシリーズなどシャフトの先端側が撓るシャフトを使うことで、ヘッドを走らせて、ボールを捕まえることができます。

テーラーメイド M6ドライバー Speeder 661 Evolution V(先中調子)
テーラーメイド SIM MAX ドライバー Speeder 661 EVOLUTION VI(中調子)
テーラーメイド SIM2 MAX ドライバー Speeder 661 EVOLUTION VII(先中調子)

このようにドライバーヘッドに合わせて、撓りやすいシャフトを組み合わせることで、ボールを捕まえやすくなりますし、優しくドローボールが打てるようになります。

注意点としては、先中調子のシャフトの場合、先端が撓るワケですから、叩けるスイングで打つとヘッドが遅れてきますからスライスしやすくなることがありますので、注意してください。

 

ボールの捕まりの良さを追及したドライバー

もともとボールを捕まえて、ドローボールが打ちやすいドライバーもあります。テーラーメイド エムグローレドライバーが本当にボールを捕まえて、ドローボールが打てるということで人気があります。また、プロギア RS RED ドライバーもボールが捕まります。

これらのボールが捕まるドライバーの特徴でもある、共通点としては、重心角(重心アングル)が大きいことが挙げられます。重心距離とは別に、ドライバーヘッドがネックを軸として回転しやすいかということです。ネックを軸としてドライバーヘッドが回転しやすければ、インパクトに向けてヘッドが返りやすいですし、フェースを閉じてフック系のボール、ドローボールが打ちやすくなります。

従来のドライバーの場合、重心角(重心アングル)は概ね20度~25度くらいです。25度でも大きい(ボールが捕まる)方です。

エムグローレドライバーなどは、重心角(重心アングル)が公表されてませんが、約30度くらいあるだろうと言われてます。重心角(重心アングル)が30度もあると、もうスライスが打てないくらいにボールが捕まります。実際にエムグローレドライバーを打ったこともありますが、少しフェースを開いた状態で打ってもスライスし難いです。

プロギア RS RED ドライバーの重心角(重心アングル)は、31.5度となっており、かなりボールが捕まりやすくなってます。

スライスし難いドライバーというのは、重心距離だけではなくて、重心角(重心アングル)を考慮して選ぶと良いです。重心角(重心アングル)、重心距離が公表されてないことが多いので、試打して決めるのが無難かと思います。

ドローバイアスが入ったドライバーを選ぶ

ドローバイアスが入ったドライバーを選ぶと良いです。ドローバイアスというのは、ドライバーヘッドのヒール側(ネック軸)にウェイトを配置して、ヘッドの返りをよくしたモデルです。一般的には、重心角、重心アングルが大きいと言われたりもします。

ドローバイアスが入っており、重心角(重心アングル)が大きい方がスライスを減らしやすくなりますし、直進性の高いボールが打てるようになります。

 

高慣性なドライバー

最近、注目を浴びてるのが高慣性なドライバーです。

ドライバーヘッドの後ろ側にウェイトを取り付けて、ヘッド後方から推し進めるエネルギーを強くすることで、慣性モーメントを高めて打つことができます。高慣性なドライバーのメリットとしては、ヘッドがブレませんし、当たり負けしません。ハーフウェイダウンから、スクエアに戻ってくれますし、強いエネルギーで打てます。

高慣性なドライバーの場合、バックスピン量が増えやすくなりますが、あまり曲がらなくなります。

PING G425 MAX ドライバーが、高慣性なヘッドとなっており、曲がらずに打てます。
スライスが多い人は、試してみる価値があります。

 

スライスを減らすには

もともとスライスし難い構造を持ったドライバーを使う

テーラーメイド エム グローレ ドライバー、プロギア RS RED ドライバー などドローバイアスの入った、重心角(重心アングル)が大きいドライバーを使うと良いです。

USモデル

USモデルでも良いならば、テーラーメイドのM2 D-TYPE、M4 D-TYPE、M6 D-TYPE ドライバーがおすすめです。中古市場でも品数が増えつつあるので、試してみると良いです。

シャフト性能に頼る

先中調子のシャフトが装着されたドライバーを使うのが良いです。標準装着されるシャフトの特性を知っておくと良いですし、シャフトの調子(キックポイント)が、中調子なのか、先調子なのかを調べておくと良いです。

低スピンなドライバーヘッドを使う

ボールを打った時には、必ずスピンが発生します。それは、バックスピンだけではなくて、左右へのスピンもあります。低スピンであれば、ボールが曲がる原因となる左右のスピンも減らせます。

 

スライサー向けドライバーの選び方 まとめ

スライサー向け、スライスし難いドライバーを選ぶコツとしては、以下の3つとなりますので、参考にしてください。

  • もともとスライスし難い構造を持ったドライバーを使う
  • シャフト性能に頼る
  • 低スピンなドライバーヘッドを使う

ただ、スライスし難いドライバーを選んでも、打ち方がアウトサイドから打つ、カット打ちのままではスライスは減らせないので注意してください。

まっすぐ飛ぶドライバーとシャフト

スライスを減らそうと思って、スライスし難いドライバーヘッドを探すことは悪くありませんが、
シャフトのことも考慮すると、今以上にスライスし難い、真っすぐ飛ぶドライバーを見つけることができるようになります。

まっすぐ飛ぶドライバーとシャフト

 

シャフトの長さ

ドライバーを購入するとき、ネットショップで購入することが多いはずです。

その場合、純正シャフトが装着されたドライバーを選ぶことが殆どです。が、この純正シャフトは、万人向けとなっており、ある程度のヘッドスピードで飛ばせるようになっており、長さが45.75インチであることが多いです。45.75インチともなると、けっこう長いシャフトになります。

長ければ、トルクが少なくて、硬いシャフトでも、撓りやすくなることがあります。

シャフトが撓るということは必要な要素であるものの無駄に撓ってしまうとトゥダウンしてしまったり、撓り過ぎてヘッドの戻りが遅くなってしまい、余計にスライスすることもあります。

シャフトの長さにも留意しながら、真っすぐ飛ぶドライバーを探すことが必要となります。

 

シャフトのトルク

トルクというのは、シャフトの硬さ、柔らかさを示す大切な要素となります。
トルクが多いと撓りやすくなりますし、トルクが少なければ硬くなります。

一般的には、ヘッドスピードが遅いゴルファーは、トルクが多くてシャフトが撓る方が良いという概念が根付いてるように感じますが、一概に決めつけてしまうことはできません。

ヘッドスピードが遅くてもトルクが少なくて硬いシャフトの方が良い結果が得られることがあります。

トルクが少ないというのは、シャフトが硬いということですから、無駄な撓りがありません。
ですので、ドライバーヘッドの無駄な動きを抑えられるますので、打点が安定します。

また、トゥダウンを減らすこともできます。

また、トルクが少なくて、硬いシャフトを撓らせられるようになれば、今まで以上に飛ばせるようになります。

 

キックポイント

キックポイントは、シャフトが撓る部分のことを意味してます。シャフトのどこで撓るのかということです。

中調子は、シャフトの真ん中あたりで撓ります。

先中調子は、シャフトの先端と真ん中あたりが撓ります。

先調子は、シャフトの先端が撓ります。

中元調子は、シャフトの真ん中と手元側が撓ります。

元調子は、手元側が撓ります。

さてさて、色々なキックポイントがありますが、どれが良いのか?分かりにくいかと思いますが、それぞれ特徴があります。

中調子 クセの無いスイング向け
先調子
先中調子
自分で打とうとしてまう人向け
元調子
中元調子
切り返しでタメが作れる人向け

個人的な意見としては、クセの無い中調子がお勧めです。
また、適切なスイングで打ちたいと考えてる人、タメが作れる人は、元調子・中元調子のシャフトがお勧めです。

先調子・先中調子は、ダメではありませんが、適切なスイングで打てるようになると、スライスが増えてしまうことがありますので、あまりお勧めできません。
一般的には、ヘッドが走ってボールが捕まると言われてますが、実は逆の現象が起きやすくなります。ヘッドが遅れて、返ってこないので、スライスが増えてしまいます。

 

スライスを減らそうと考えていても、なかなかスライスが減らせないのは、もしかしたらシャフトが選びが間違ってる可能性があります。
シャフトの特質を見極めて、選ぶと良いです。