ゴルフ肘が痛い

ゴルフをやってると必ずといってよいほど直面するのが肘の痛みです。

ゴルフ肘

ゴルフ肘は、内側の肘の痛みを特徴とする肘の過負荷障害です。主に腕の屈筋(前腕の内側)に炎症が起こります。ゴルフ肘はゴルフを始めとするスイング系のスポーツだけでなく、テニスやバドミントンなどでも見られることがあります。

ゴルフ肘の痛みは軽度から激痛まで様々で、以下のような症状が現れることがあります:

(1) 内側の肘に痛みやしこりがある。
(2) 腕をグリップしたり、握力を使ったりする動作で痛みが増す。
(3) 腕を伸ばす動作(ストレートアーム)が困難になることがある。
(4) 痛みが手にまで放射痛することがある。

ゴルフ肘の対処法としては、以下のようなことが考えられます

休養

ゴルフや肘を使うスポーツをしばらく休んで、肘に負担をかけないようにします。

アイシング

肘にアイスパックを数回に分けて20分ほど当てることで炎症を軽減させることができます。

ストレッチと強化運動

適切なストレッチや筋力トレーニングを行い、腕の筋肉を強化し、負担を分散させることが重要です。

サポーターの使用

適切なサイズの肘サポーターを使うことで、肘の安定性をサポートし痛みを和らげることができます。

医師の診断と指導

痛みが重度である場合や、自己処置が効果がない場合には、専門医に相談し適切な治療法を受けることが大切です。

痛みが続く場合は、自己処置だけでなく医師の診断とアドバイスを受けることをおすすめします。早めの対処により、痛みを早期に改善することができます。

 

ゴルフ時は治りますか?

ゴルフ肘の痛みは、早期に適切な対処をすることで改善する可能性がありますが、個人の症状や治癒までの時間は状況によって異なります。ゴルフ肘は、ゴルフのスイングや他の腕を使うスポーツによる過負荷が原因となることが多いですが、その活動を休んで適切なケアを行うことで回復することがあります。以下のような対処法が効果的です:

休養

ゴルフや腕を使うスポーツを一時的に控えることで、肘にかかる負担を軽減します。

アイシング

炎症を抑えるために肘にアイスパックを当てることが有効です。

ストレッチと強化運動

適切なストレッチや筋力トレーニングを行い、腕の筋肉を強化し、肘にかかる負担を分散させることが重要です。

サポーターの使用

適切なサイズの肘サポーターを使うことで、肘の安定性をサポートし痛みを和らげることができます。

症状が重度である場合や自己処置が効果がない場合には、早めに専門医に相談し適切な治療法を受けることが重要です。医師の指導のもとで治療を行うことで、より早い回復が期待できます。

ゴルフ肘は適切なケアをしないと慢性化することがあり、痛みが続く場合は悪化する可能性もあります。早めに対処することで、症状の改善につながることを覚えておいてください。また、ゴルフをする際には適切なフォームや体の使い方に注意し、ケアと予防にも努めることが重要です。

 

おすすめアイテムの紹介

ゴルフスイング練習器具、筋トレアイテム、プロテインなどを紹介してます。

ProSENDR(プロセンダー)

最近、SNSなどで投稿されたり、プロゴルファーが使用していたりということもあり、人気の練習器具です。右手首の背屈を作りヒンジを使う打ち方を習得できます。

Precision Impact Golf(プレシジョンインパクト)

右手の背屈を維持させる練習器具。手首の縦の動き(コック)よりも、手首の横の動き(ヒンジ)を入れて、レイトヒットの練習になります。

スーパースピードゴルフ

ヘッドスピードを速くするための練習器具です。重さの異なるスティックをフルスイングで振って、速く振るためのトレーニング用の器具です。

タバタ 曲がり知らず | GV0350

ヘッドスピードを速くするための練習器具です。重さの異なるスティックをフルスイングで振って、速く振るためのトレーニング用の器具です。

パワードッキースイング

重さのある練習用クラブです。これを振ることでゴルフスイングに必要となる筋力・パワーを養えます。

エリートグリップ ワンスピード

よく知られてるゴルフスイング練習用器具です。重さ・長さが異なるスティックがありますので自分のパワーに合わせて選んでください。

人気のダンベル

自宅で手軽に筋トレするならダンベルがお勧めです。様々な部位を鍛えることができます。

人気のプロテイン ビーレジェンド

値段も安いし、飲みやすいプロテインです。幾つかの味が用意されてますが、ベリー味がお勧めです!

BASE BREAD(ベースブレッド)

タンパク質が多めの栄養食です。常に体内にタンパク質や栄養素を入れておきたい人にお勧めです。ダイエットにも向いてます。

ゴルフの関節の痛みとバンテリンの効果

ゴルフの関節の痛みとバンテリンの効果

ゴルフは関節に負担をかけるスポーツであり、特に手首、肘、肩、膝などの関節に痛みや炎症が生じることがあります。関節の痛みは、過度の使用や誤ったフォーム、怪我などが原因となることがあります。

バンテリンは、非ステロイド性の鎮痛消炎成分が使われてます。関節の炎症を和らげ、痛みを軽減する効果があります。バンテリンは局所的に塗布することで、痛みを直接的に和らげることができます。

バンテリンの使用は、関節の痛みや炎症の軽度な場合に効果的です。塗布後、成分が皮膚から浸透し、関節周囲の炎症を緩和します。ただし、重度の関節の損傷や深刻な炎症の場合は、医師の指示に従って適切な治療を受ける必要があります。

バンテリンを使用する際は、製品の指示や注意書きに従うことが重要です。必要な量を適切に塗布し、皮膚に吸収させるために軽くマッサージすると効果的です。ただし、肌に異常な反応やアレルギー症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師に相談してください。

ゴルフの関節の痛みに対してバンテリンを使用する前に、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。彼らはあなたの痛みの原因を評価し、最適な治療方法や薬剤を提案することができます。

バンテリンは効くか?

バンテリンは一般的に関節の痛みや炎症を軽減する効果があります。ジクロフェナクナトリウムという成分が関節周囲の炎症を和らげる働きを持ち、痛みを軽減することが期待されます。ただし、個人の症状や状態によって効果は異なることがあります。

バンテリンは一般的に軽度な関節の痛みや炎症に対して効果的ですが、重度の痛みや深刻な炎症の場合には限定的な効果しか期待できません。また、バンテリンは局所的に使用されるため、全身的な効果は他のタイプの薬剤(例:経口摂取のNSAIDs)と比べて制限されています。

個人差や症状の重さによって効果が異なるため、バンテリンを使用する前には医師や薬剤師に相談することが重要です。彼らはあなたの症状を評価し、最適な治療法や薬剤を提案することができます。また、バンテリンの使用方法や副作用についても適切な指示を受けることができます。

 

おすすめアイテムの紹介

ゴルフスイング練習器具、筋トレアイテム、プロテインなどを紹介してます。

ProSENDR(プロセンダー)

最近、SNSなどで投稿されたり、プロゴルファーが使用していたりということもあり、人気の練習器具です。右手首の背屈を作りヒンジを使う打ち方を習得できます。

Precision Impact Golf(プレシジョンインパクト)

右手の背屈を維持させる練習器具。手首の縦の動き(コック)よりも、手首の横の動き(ヒンジ)を入れて、レイトヒットの練習になります。

スーパースピードゴルフ

ヘッドスピードを速くするための練習器具です。重さの異なるスティックをフルスイングで振って、速く振るためのトレーニング用の器具です。

タバタ 曲がり知らず | GV0350

ヘッドスピードを速くするための練習器具です。重さの異なるスティックをフルスイングで振って、速く振るためのトレーニング用の器具です。

パワードッキースイング

重さのある練習用クラブです。これを振ることでゴルフスイングに必要となる筋力・パワーを養えます。

エリートグリップ ワンスピード

よく知られてるゴルフスイング練習用器具です。重さ・長さが異なるスティックがありますので自分のパワーに合わせて選んでください。

人気のダンベル

自宅で手軽に筋トレするならダンベルがお勧めです。様々な部位を鍛えることができます。

人気のプロテイン ビーレジェンド

値段も安いし、飲みやすいプロテインです。幾つかの味が用意されてますが、ベリー味がお勧めです!

BASE BREAD(ベースブレッド)

タンパク質が多めの栄養食です。常に体内にタンパク質や栄養素を入れておきたい人にお勧めです。ダイエットにも向いてます。

ゴルフスイングのチキンウィングを治す

ゴルフスイングにおける「チキンウィング」とは、インパクト時に左肘(右利きゴルファーの場合)が体から離れ、腕が折り畳まれてしまう状態を指します。
これはスイングの正確性や飛距離に悪影響を及ぼす可能性があります。

チキンウイングになってしまう原因

原因を先に書きますと、右手が強い人、右手でクラブを引っ張って下ろしてくるような打ち方をする人はチキンウイングになりやすいです。つまり、右側が強すぎて押し過ぎて、左腕の行き場が無くなってしまって左肘が曲がってしまいチキンウイングになるということです。

この場合、右手でクラブを引っ張って下ろしてくると、クラブが立って下りてきやすくなりますし、外側(アウトサイド)からクラブが入りやすくなりますので、スライスなどの原因になりやすいです。

なので、チキンウイングを治すには左腕が先行して、後に右腕が付いてくるイメージを持つと良いです。アドレスしたときの両腕がつくりだす三角形を維持しながら、身体の回転を使うことでゴルフクラブが適切なスイング軌道の円を描いてくれます。

 

ゴルフスイングでチキンウイングになるとデメリット

チキンウイングは、スイングの正常なフォロースルーを妨げるため、クラブヘッドの速度や振り幅に制限が生じます。これにより、ボールに対する十分なパワーと距離が生み出せなくなります。

チキンウイングにより、クラブヘッドがボールに対して適切な角度で接触しづらくなります。これにより、効果的なロフトやスピンを生成できず、ショットの結果が不安定になる可能性があります。

これらのデメリットは、ゴルフスイングのパフォーマンスやスコアに影響を与える可能性があります。したがって、チキンウイングを克服し、正しいスイングフォームを確立することは、ゴルフの上達と成功にとって重要な要素です。

左肘の維持と体への接近

チキンウィングを改善するためには、インパクト時に左肘を伸ばし続けることが重要です。
スイング中、左肘をできるだけ伸ばした状態で保ち、左腕と体の一体感を意識しましょう。左肘が体から離れず、腕がしっかりと伸びたままであれば、チキンウィングを防ぐことができます。

ドリルと練習

チキンウィングを治すためには、特定のドリルや練習を行うことが役立ちます。
例えば、左腕を胸に押し付けるような練習を行ったり、左肘を意識的に体に近づけながらスイングするドリルを取り入れることができます。
これにより、正しい左肘の位置と体への接近を身につけることができます。

スイングの遅延とリリース

チキンウィングの原因の一つは、手首や腕の過剰な使用によるものです。
スイングの遅延を意識し、体の回転を優先させることで、手首や腕の過剰な動きを抑えることができます。
また、ダウンスイングからリリースまでのタイミングを正確に行うことも重要です。正しいリリースタイミングにより、クラブヘッドがボールに対して迅速に加速し、チキンウィングを防ぐことができます。

上半身と下半身の連動

チキンウィングを治すには、上半身と下半身の連動を意識しましょう。
スイングの際には、体の回転を下半身から始め、その動きを上半身に伝えることが重要です。体の回転によって腕や手首の動きが自然に制御され、チキンウィングを防ぐことができます。

ショートゲームの練習

チキンウィングの修正には、スイング全体だけでなくショートゲームの練習も重要です。
ショートゲームでは、短い距離で正確なスイングが求められます。チップやピッチショットを練習することで、より正確なスイングを身につけることができます。ショートゲームの練習を通じて、チキンウィングが影響を及ぼす可能性のある動作を特定し、修正に取り組みましょう。

フィジカルトレーニング

チキンウィングの改善には、体の柔軟性や筋力も重要です。
フィジカルトレーニングを取り入れて、特に上半身の柔軟性とコアの安定性を向上させることで、スイングのバランスと正確性が向上します。
専門家の指導の下で、ゴルフに適したストレッチやエクササイズを行いましょう。

 

おすすめアイテムの紹介

ゴルフスイング練習器具、筋トレアイテム、プロテインなどを紹介してます。

ProSENDR(プロセンダー)

最近、SNSなどで投稿されたり、プロゴルファーが使用していたりということもあり、人気の練習器具です。右手首の背屈を作りヒンジを使う打ち方を習得できます。

Precision Impact Golf(プレシジョンインパクト)

右手の背屈を維持させる練習器具。手首の縦の動き(コック)よりも、手首の横の動き(ヒンジ)を入れて、レイトヒットの練習になります。

スーパースピードゴルフ

ヘッドスピードを速くするための練習器具です。重さの異なるスティックをフルスイングで振って、速く振るためのトレーニング用の器具です。

タバタ 曲がり知らず | GV0350

ヘッドスピードを速くするための練習器具です。重さの異なるスティックをフルスイングで振って、速く振るためのトレーニング用の器具です。

パワードッキースイング

重さのある練習用クラブです。これを振ることでゴルフスイングに必要となる筋力・パワーを養えます。

エリートグリップ ワンスピード

よく知られてるゴルフスイング練習用器具です。重さ・長さが異なるスティックがありますので自分のパワーに合わせて選んでください。

人気のダンベル

自宅で手軽に筋トレするならダンベルがお勧めです。様々な部位を鍛えることができます。

人気のプロテイン ビーレジェンド

値段も安いし、飲みやすいプロテインです。幾つかの味が用意されてますが、ベリー味がお勧めです!

BASE BREAD(ベースブレッド)

タンパク質が多めの栄養食です。常に体内にタンパク質や栄養素を入れておきたい人にお勧めです。ダイエットにも向いてます。

ゴルフスイングにおける右手の背屈

 

ヘッドスピードを速くする右手の使い方

ヘッドスピードを速くするためには、右手の使い方が重要ですが、左手も同様に重要な役割を果たします。
左手と右手は連携してスイングを行うことで、最大の効果を得ることができます。

テイクバック始動から右手首の背屈を入れて、トップの状態でも右手首の背屈をキープすることができれば、ゴルフクラブを引っ張ってきて右手が前に出たりすることを予防することができますし、適切なスイング軌道となります。右手首の背屈を維持することでシャローに打ちやすくなります。

トップで右手首の背屈を維持することを昔は出前持ちと呼ばれてました。

右手はスイングのパワーと加速を担当します。スイングの下降フェーズで右手を使ってクラブヘッドに力を加えることと併せて右手首の背屈の開放を行うことでヘッドスピードを高めることができます。右手首の背屈の開放は手首のスナップと同じような動作となります。右掌で叩くようなイメージとなります。素早く右手首をスナップさせることができれば、その動作こそがヘッドを走らせるための動作になります。

リリースの瞬間に右手を飛球線方向に押し込むことで、ボールに力強くインパクトを与えることも重要です。右手の力強い動きがスイングのパワーとスピードに寄与します。

一方、左手はスイングのコントロールと安定性を担当します。正しいグリップと左手の力を使うことで、スイングの軌道やフェースの向きをコントロールし、ボールを正確に狙うことができます。左手の役割はスイングの安定性や正確性に直結し、ヘッドスピードを効果的に活かすために重要です。

したがって、ヘッドスピードを速くするためには、右手と左手の両方の使い方に注目する必要があります。パワフルな右手の動きを持ちながらも、左手のコントロールと安定性を保つことが大切です。バランスの取れた左右の手の使い方が、スイングの威力と正確性を最大化するのに役立ちます。

 

ゴルフスイングにおける右手の背屈

ゴルフスイングでの右手の使い方としては背屈が必須です。

ゴルフスイングにおける右手の背屈(手首の曲げ具合)は、スイングの正確性とパワーに大きな影響を与えます。右手の背屈は、スイングのバックスイング(バックスイングの開始からトップまでの動作)とダウンスイング(トップからボールへの下降)の両方で重要な役割を果たします。

右手の背屈を保ったままインパクトすることでフェース面の向きを変えずに強いインパクトで打てます。アプローチでも右手の背屈を保つことで刺さらず、ダフらないアプローチショットが打てます。

バックスイングにおける右手の背屈

バックスイングでは、右手の背屈はクラブを正しい軌道に乗せるために重要です。
バックスイングの初めからクラブを振り上げる際には、右手の背屈を保ちながらクラブを振ります。
背屈を保つことで、クラブを正確な軌道に乗せることができ、後のスイングでのインパクトをより効果的に行うことができます。

ダウンスイングにおける右手の背屈

ダウンスイングでは、右手の背屈を解除しながらクラブを下ろしていきます。
トップ位置からボールへの下降フェースでは、右手の背屈を解除し、クラブを加速させることでヘッドスピードを生み出します。
正確でパワフルなスイングを実現するためには、背屈の解除とリリースのタイミングが重要です。

 

右手首の背屈によりレイトヒットで打てる

右手首の背屈によりタメを作って、手元を先行させてクラブを遅らせて、いっきに背屈を開放してボール叩いて飛ばせます。右手首の背屈が早く開放されてしまうとキャストとなりクラブヘッドが加速し難くなるのでインパクトが弱くなります。また、右手首が早く伸びてしまうとボールの手前でダフりやすくなりますし、ドライバーの場合はテンプラになりやすいので注意してください。

レイトヒットとはハンドファーストと同意ですが、ハンドファーストのままインパクトすると右プッシュしやすくなります。右手首の背屈を開放して右手首の背屈から掌屈へのヒンジを使って、ビンタするような動作が必要となります。

 

右手の背屈を意識する

右手の背屈を意識する際には、以下のポイントに注意してください。

バックスイング時には、右手の背屈を保ちながらクラブを振り上げます。手首を固定し過ぎず、自然な背屈の範囲内で動かすようにしましょう。

ダウンスイング時には、トップ位置からボールへの下降で右手の背屈を解除します。この時には、リリースと合わせてクラブヘッドの加速を意識しましょう。

ゴルフスイングは個人の感覚や体の特性によって異なる場合があります。自分のスイングに合った右手の背屈の感覚を見つけるためには、練習と経験が必要です。

正確な右手の背屈の使い方は、スイングの安定性とパワーを向上させる上で重要です。
適切な背屈の使い方により、クラブヘッドのコントロールやボールの正確性、そしてヘッドスピードの向上が期待できます。

インパクト時の背屈の維持

インパクト時にも右手の背屈を維持することが重要です。インパクトの瞬間にも手首を正しい位置に保ち、クラブヘッドを正確な軌道に導きます。
インパクト時に背屈が崩れると、ボールの方向性や飛距離に影響を与える可能性があります。

右手の柔軟性と強化

右手の柔軟性と強化を重視しましょう。手首と前腕のストレッチや強化エクササイズを取り入れることで、より柔軟性と筋力を向上させることができます。
これにより、より自由な背屈の動きが可能になります。

右手の背屈は、ゴルフスイングにおいて正確性とパワーを向上させるために重要な要素です。
繰り返しの練習と焦点の置き方を通じて、正しい背屈の使い方を身につけ、スイングのパフォーマンスを向上させることができます。

 

おすすめアイテムの紹介

ゴルフスイング練習器具、筋トレアイテム、プロテインなどを紹介してます。

ProSENDR(プロセンダー)

最近、SNSなどで投稿されたり、プロゴルファーが使用していたりということもあり、人気の練習器具です。右手首の背屈を作りヒンジを使う打ち方を習得できます。

Precision Impact Golf(プレシジョンインパクト)

右手の背屈を維持させる練習器具。手首の縦の動き(コック)よりも、手首の横の動き(ヒンジ)を入れて、レイトヒットの練習になります。

スーパースピードゴルフ

ヘッドスピードを速くするための練習器具です。重さの異なるスティックをフルスイングで振って、速く振るためのトレーニング用の器具です。

タバタ 曲がり知らず | GV0350

ヘッドスピードを速くするための練習器具です。重さの異なるスティックをフルスイングで振って、速く振るためのトレーニング用の器具です。

パワードッキースイング

重さのある練習用クラブです。これを振ることでゴルフスイングに必要となる筋力・パワーを養えます。

エリートグリップ ワンスピード

よく知られてるゴルフスイング練習用器具です。重さ・長さが異なるスティックがありますので自分のパワーに合わせて選んでください。

人気のダンベル

自宅で手軽に筋トレするならダンベルがお勧めです。様々な部位を鍛えることができます。

人気のプロテイン ビーレジェンド

値段も安いし、飲みやすいプロテインです。幾つかの味が用意されてますが、ベリー味がお勧めです!

BASE BREAD(ベースブレッド)

タンパク質が多めの栄養食です。常に体内にタンパク質や栄養素を入れておきたい人にお勧めです。ダイエットにも向いてます。