ゴルフスイングは身体の捻転が必要

ゴルフのスイングにおいて、上半身を捩じたまま下半身を飛球線に向けていく動作は、正確で力強いスイングを実現するために重要です。以下に、この動作についてもっと詳しく解説します

アドレス

アドレスは左足の爪先を少し開いた方が良いです。ややオープンになるのでスライスのイメージがあるかもしれませんが、爪先が開いてる方が速く下半身を飛球線側に向けることができるので上半身との捻じれを多きすることができます。

バックスイングの開始

バックスイングでありがなエラーとしては腕を回旋しながら上げることです。これを行うと筋肉の緊張が作れないので、意外と簡単に上げやすくなります。簡単に上げられるのは良くありません。フェース面を閉じた状態で腕を回旋せずに左肩を顎下に入れるようにバックスイングすると上半身の脇腹あたりや背中が苦しくなってきます。この苦しい状態こそを筋肉の緊張が作られてる状態であり捻転のパワーとなります。

トップでの上半身キープとダウンスイング

もっとも難しいのはトップを作ったときに瞬間的にこの状態を維持することです。本来は維持しようとしなくても、トップを作ってからダウンスイングの始動をしますので、自分で意識してなくても瞬間的にトップでは止まったように見えるし、それこそが切り返しのタイミングだったりします。

トップの形を維持することで、捻転した状態をキープさせます。そして、そのままダウンスイングに移行することで、上半身は飛球線とは逆を向いてるし、下半身は飛球線を向ているという、上半身と下半身が逆の動きをします。これにより強い捻転差が作られるし、筋肉の緊張が最大となりスイングパワーとなります。

捻じれの差を活かす

重要なのは上半身が飛球線とは逆を向いてる状態で、下半身は飛球線に向けて動き出すということです。上半身と下半身が逆の動きをすることで、捻じれが作られて、筋肉の強い緊張が作られますし、それが飛ばすためのパワーとなります。自分から回転させるのではなくて、捻じれを作って振るという点が要となります。

 

下半身の動かし方

下半身の動かし方としては、左足の踏み込みによって左の壁を作ります。これによって身体が流れるのを防ぎます。そして、左足を踏み込むと同時くらいに右膝を飛球線方向に送り込むことで、飛球線に向けてクラブヘッドを加速させて振ることができます。腰を回転させるとか、腰を切るという言葉を使って説明されてることがありますが、左足の踏み込みにより股関節の回旋により骨盤は飛球線に向いていきます。むしろ、お尻の向きを意識した方が判りやすいです。海外ではヒップターンとか呼ばれてます。お尻の左側を引っ張っる感覚です。

そして、右膝を入れていきますが、これは右脚の蹴り(キック)となります。振る方向に向けてエネルギーを出力するために右膝を飛球線方向に入れて、左足に寄せていくことで、それが右足のキックとなります。