真っ直ぐ飛ぶ! PING G425 MAX ドライバー

何度かコースで使いましたが、やっぱり曲がらないし、高弾道で飛ばせます!

真っ直ぐ飛ぶ! PING G425 MAX ドライバー

 

PING G425 MAX ドライバー

PINGの新しいドライバー、G425ドライバーは、高MOIでブレないというのがウリとなってます。さて、この「高MOI」というのは、慣性モーメントが高いという意味です。ヘッド後方にウェイトを配置して、後方から飛球線に向けて推進力が強くなり、直進性が高くなります。

これにより、インパクト時の当たり負けが無くなるので、ヘッドがブレ難くなります。ですから、打点もブレ難くなりますので、真っ直ぐ飛ばしやすくなります。

ただし、ヘッド後方にウェイトを配置してるということは、重心深度が深くなりますから、バックスピン量が増えやすくなる傾向にあります。低スピンといっても、ややバックスピン量が多くなる傾向にあります。吹け上がる感じではありません。

VORTEC(ボーテック)という構造により、空気抵抗を抑えてヘッドを加速させることができます。ハーフウェイダウンからインパクトにかけて、ヘッドが走ってくれる感覚があります。

 

装着シャフト

PINGは、ドライバーヘッドだけではなく、ヘッド性能を引き出すためのオリジナルシャフトが用意されてます。当たり前のことながら、ヘッドとシャフトの
相性が良いです。

  • ALTA J CB SLATE
  • PING TOUR 173-55
  • PING TOUR 173-65
  • PING TOUR 173-75

ALTA J CB SLATE が もっとも標準的でソフトなシャフトです。
フレックスR~Xまであります。

 

G425シリーズ

PING G425シリーズのドライバーヘッドは3種類あります。G425MAXドライバーは上で紹介した通りです。

その他、G425 LST ドライバー、G425 SFT ドライバーもあります。

G425 MAX ドライバー

バランスのとれたドライバーヘッドです。
つかまり過ぎずに高弾道が打てます。

G425 LST ドライバー

低スピンが打てるドライバーヘッドです。
パワーが無いとボール上がり難いことがあります。

G425 SFT ドライバー

ドローバイアスの入ったドライバーヘッドです。
スライスを減らすことができます。

それぞれ、3種類のヘッドには特徴があります。自分のスイング、打ちたい弾道を把握して、ドライバーヘッドを決めると良いです。

 

高慣性なヘッドで真っすぐ飛ぶ

G425シリーズのドライバーの最大の特徴としては、高慣性なヘッドという点です。慣性モーメントが高いので、少しフェースが開いていたとしても、当たり負けせずに飛ばせます。スイングが安定してないゴルファー、軌道がズレやすいゴルファーにお勧めです。ヘッドがスクエアに戻ろうとしてくれるので、当たりが悪くても、そこそこ真っすぐに飛ばすことができます。

 

シャフトとの相性

G425 MAX の標準シャフトは ALTA J CB SLATEとなります。

その他、PINGオリジナルのカスタムシャフトが用意されてます。
これが、ヘッド性能を存分に引き出してくれるシャフトとなっており、お勧めです!

PING TOUR 173-55

フレックス S SR  
キックポイント 中調子 中調子  
シャフト重さ 55 51  
トルク 3.7 3.8  
クラブ総重量 306 303  

PING TOUR 173-65

フレックス X S SR
キックポイント 手元調子 中元調子 中調子
シャフト重さ 66 61 57
トルク 3.2 3.4 4.3
クラブ総重量 317 313 309

その他、PING TOUR 173-75(70グラム台)もあります。

PING TOUR 173 シャフト装着モデル

 

PING G425 MAX ドライバー 中古

飛ぶ ドライバー 最新情報