PING G425 SFT ドライバー

PINGの最新モデルのドライバーヘッドは3種類あります。その中でも、ドローバイアスの入った、ボールがつかまるのが、G425 SFT ドライバーです。

PING G425 SFT ドライバー 特徴

ヒール側にウェイトが配置されてます。これにより、ネック軸回転が強くなり、ヘッドが返りやすくなり、ボールが捕まります。つまり、フェースが開きやすい打ち方をしてもスライスが減らせるということになります。スライスで悩んでる人は、一度試して欲しいヘッドです。

ボールがつかまるだけではなく、深重心となってるので、高弾道が打ちやすいです。
つまり、ハイドローが打てるヘッドとなります。

 

SFTの意味

SFT とは Straight Flight Technology(ストレート フライト テクノロジー)の頭文字をとったものです。つまり、ストレートに飛ばすためのテクノロジーが詰め込まれてるということです。ですから、真っ直ぐ飛ばしたい、スライスを減らしたい人にお勧めできるドライバーです。

飛ぶ ドライバー 最新情報