テーラーメイド グローレ F2 ドライバー 2016年

今更、グローレF2ドライバーかと思われてしまうかもしれません。もともと、グローレシリーズというのは、ヘッドスピードが遅くなってきた、非力なゴルファーを手助けするための長尺ドライバーでした。

アスリート志向のグローレ

グローレF2ドライバーは、アスリート志向が強くなっています。今までのグローレよりも純正シャフトのトルクが少な目になっていることと、捉まりが良くなっています。というよりも、かなりアップライトとなっています。あまり興味を持ってなかったのですが、たまたま打たせてもらったところ、飛び性能に驚きました。話を聞くと、素材が良質であることと、飛び性能向上を考えた構造を多く取り入れられています。これなら、なかなか値崩れしないなというのが判ります。

構えやすい

重心角が大きく入っているからなのか、ドライバーヘッドを地面に置いても、ヘッドが後方に倒れにくいです。つまるところ、ローテーションで開きにくいということです。スクエアに構えやすいです。若干、フックフェースが入っているように感じます。

とにかく飛ぶ

長いシャフトでヘッドスピードが速くなり、スピードポケットで打点がズレても強く弾いて飛ばせます。この飛び性能は、もしかしたら、最新モデルのM3、M4ドライバーを凌駕する飛距離性能を持っているかもしれません。その飛び性能は、スピードポケット(ソールの溝)と長尺シャフトが大きく貢献しているように思います。

長さは、46インチとなっており、長尺ドライバーに分類されますが、Mシリーズのドライバーよりも短く感じます。きっと、グローレF2ドライバーの方が、アップライトになっているからかもしれません。

捉まりが良い

ソールのネック寄りにウェイトが取り付けられており、重心深度が深くすると同時に捉まりも良くなっています。捉まりの良さは、ウェイトの影響だけではなく、もともと重心アングルを深く入れています。シャフトが長くても、とても捉まりが良いので、打球の散らばりが抑えられ、直進性が高いショットが実現できます。

フェースの弾きが良い

フェースは、アルファ・ベータ・チタンを使用しています。フェース面のトゥ側には、FORGEDと刻印されています。打音と打感も良くなっています。コンポジット系のMシリーズのドライバーよりは、明らかに打音と打感が心地よいです。

純正シャフトは、ヘッドスピードの速いゴルファーには、さすがにソフトスペックで使えないかもしれませんが、カスタムシャフトも用意されています。グリップが38.5グラムとなっており、ヘッドを効かせようとしている感じがします。今までのグローレのなかで、最高の打ちやすさと最大飛距離が出ていると思います。

純正装着シャフト:GL6600

カスタムシャフトもあります。

GL6600 シャフトスペック

フレックスRとSRの差が大きくて、いきなりトルクが多くなるところが、気になるところです。そして、フレックスSとSRの違いがあまり感じません。基本、46インチという長さなので、シャフトは軽めとなっています。非力なゴルファーを手助けしてくれる要素もありますが、長めのシャフトをしっかりと振れるゴルファーの方が性能を引き出せる感じがします。

フレックス トルク シャフト重さ バランス クラブ総重量 調子
S 4.1 53 D3.5 290 中調子
SR 4.2 50 D3.5 287 中調子
R 4.9 47 D3.0 284 中調子

グローレF2ドライバー購入

テーラーメイド直販ネットショップにて、税込価格 44,800円にて販売しています。
送料込みの価格となっています。

その他、装着可能なシャフト

  • Tour AD TP-5
  • Tour AD IZ-5
  • Speeder 569 EVOLUTION Ⅲ
  • Speeder 569 EVOLUTION Ⅳ