飛距離アップを諦めたら、ゴルファー失格

更新:

 

まっすぐ飛ぶドライバー、スライス打たない

ドライバーは、まっすぐ飛ぶ、曲がらずに飛ばすことが、最重要です。曲がると、曲がった分だけ飛距離が落ちますし、OBリスクも高くなるからです。捉まったボールが打てれば、スライスを減らすことができますし、直進性が高くなります。ボールの曲り幅を少なくさせるだけでも、飛距離アップができます。重心距離が短いドライバーで、捉まったドライバーを使って、スライスを減らすことができたときのメリットを紹介します。

OBを減らす・OBをしない

重心距離が短くて、捉まるボールが打てるようになると、スライスを減らすことができますから、OBを減らすということになります。また、スライスというのは、基本的には、ボールが右に曲がってしまう状態でインパクトを迎えているということです。すなわち、フェースが開いているということです。フェースが開ているということは、飛球線に対して、フェースが右に向いていますから、ボールが右に曲がってしまうのです。ですから、フェースを開いてインパクトして、スライスするということは、正しいということです。そして、フェースが開いたまま打ってしまうと、ボールが高く上がり、右に曲がってしまい、OBになってしまいます。OBは、いっきにダメージを受けてしまいますので、絶対にOBを打たないというのが大切です。

重心距離が短いドライバーは、ヘッドが返りやすくなりますので、フェースの開きを抑えて、インパクトすることができます。ですから、スライスを減らして、OBを減らすことができます。

弾道が高すぎず低すぎず適切な高さ

フェースが開いているということは、ロフト角が大きくなります。ウェッジでも同じですよね。ボールを高く上げてたいから、フェースを開きます。それは、ウェッジのロフトを大きくするという意味があります。ドライバーも同じで、フェースが開いていると、ロフト角が大きくなります。ですから、高弾道になってしまい、併せてボールがスライスしてしまいます。スライスボールの殆どは、高弾道で大きく右に曲がっていくという特徴があります。

捉まったボールで強い弾道でランが出る

重心距離が短いドライバーを使うことで、捉まったボールを打つことができます。捉まったボールが打てると、少しフックするか、真っ直ぐ飛ぶようになります。ボールが曲がらないので、真っ直ぐ飛びます。ボールが着地してからも、真っ直ぐ転がりますので、ランができます。つまり、キャリーとランで飛距離アップができるということです。

曲り幅が少なくなり飛距離アップができる

とにかく飛距離アップのことを考えていると見落としがちになってしまいますが、スライスボールしか打てないゴルファーが、スライスの曲り幅を減らして、できる限り真っ直ぐ飛ばせると飛距離アップができます。そもそも、ドライバーで飛ばないと思っているゴルファーの殆どが、真っ直ぐ打ててませんし、捉まったボールが打ててません。ボールが曲がるということは、直進性を失うということであり、飛距離をロスしているということです。ほんの少しでも直進性を高めるだけでも、今よりも飛距離アップができます。

狙ったところにボールを運びやすくなる

スライスを減らすことができれば、直進性が高まっているということですから、狙ったところにボールを運びやすくなります。簡単に言うと、フェアウェイキープ率が良くなるということです。フェアウェイを狙って打っても、スライスしてしまったら、右のラフとか、斜面とか、場合によってはOBになってしまっていたのが、捉まるドライバーを使うことで、フェアウェイキープ率が良くなります。

フックフェースのドライバーは左へ飛ぶ

フックフェースというのは、もともとドライバーのフェース面が少し左に向いているモデルです。フックフェースにすることで、少しでもインパクト瞬間のドライバーヘッド挙動をクローズにしようという考えがフックフェースです。フェースを開くのではなく、閉じようとする作用を強くすることで、ボールの捉まりを向上させようということです。そのフックフェースのドライバーで、アウトから入ってボールを打つと、ボールは左へ飛び出して、スライスして戻ってこずに、左へ飛び出したままということもあります。フックフェースは捉まりを良くしようとしているのですが、打ち方によっては、ボールが左方向へ飛んでしまうということもあるので、そのようなことも把握しておくことも必要です。

目次に戻る

 

 

2018年モデルのドライバー特長

2018年モデルのドライバーの特長としては、総じて、スイートエリアの拡大、打点がズレても強い反発が得られる構造になっています。そして、基本的な構造としては、低重心となっています。

カーボン使用・コンポジット系が増えてきた

カーボンを使用するドライバーヘッドも増えてきて、カーボンを使用することが当たり前となりつつあります。カーボンを使用することで、ヘッドを軽量化して、重心を低くすることができるからでしょう。

バルジが無くなってきた

そして、ここ数年前から気付いていることとしては、フェース面のバルジが無くなってきたという点です。バルジが無いので、左右のギア効果が薄くなっているように感じます。これは、きっと打点がズレても強い反発が得られるようにしていることが影響しているのだろうと思われます。

バルジがあるから、ヒール側に当たったボールは左へ飛び出して右に曲がってきます。トゥ側で打ったボールは、少し右に飛び出して左に戻ってきます。この、ボールの曲りが無くなってしまうことになりますから、コントロールができないということになります。しっかりと打てない人にとっては、直進性の高いドライバーになるかもしれません。

重心角・重心アングルが大きいドライバーが増えた

併せて、重心角が多く入ったモデルが増えてきています。重心角が20度以上のモデルもあり、もともと叩きにいくゴルファーの場合は、ドローではなく、フックが強くなってしまう傾向があります。腕で振って、手で合わせて打つようなゴルファーにとっては、重心角が大きい方が捉まりが良いとは思います。捉まるというよりは、フェースが開いたままインパクトしても、フェースが閉じるという感じでしょうか。

2018年は、低重心とカーボン多用のコンポジットは当たり前。曲り幅を減らして直進性を高めるために、バルジ少な目、重心角深めというモデルが多くなっているように感じます。

ゴルフクラブ業界のトレンドを牽引しているといっても過言ではない、キャロウェイとテーラーメイドが、2018年モデルを正式に発表して、さらに新しい構造が組み込まれつつあります。今年のトレンドは、反発力+捉まり重視となりそうです。

目次に戻る

 

 

去年のモデルよりも飛ぶドライバー

去年のモデルよりも飛ぶのは素晴らしいことです。ただ、どうして去年のモデルよりも飛ぶのかという理由を知ることが大切です。去年のモデルより飛ぶということは新しいテクノロジーが詰め込まれているから飛ぶということになるはずです。では、その新しいテクロジーとはどのような技術なのでしょうか。また、どのような工夫が取り入れられているのでしょうか。この辺りを知っているのと知らないとでは、ドライバー選びに大きな差が出てきます。

当たり前のことですが、最新モデルは去年のモデルとの比較をしつつ、今年の最新モデルは飛ぶという謳い文句となっていることが多いはずです。ならば、その飛ぶという要素を知っておくことで、どのような工夫が取り入れられているのかを理解しておく必要があります。飛ばせる中古ドライバーを紹介してます。10年以上昔の古いドライバーとか、昔の高反発ドライバー、数年前の飛び指数の高いドライバーなどを紹介してます。コスパ最高のドライバーを見つけましょう。

目次に戻る

 

 

低スピンでハイロフトが良いとは限らない

最近の新しいモデルのドライバーの殆どは、低重心となっており、スイートエリアの少し上で打ち易くなっていますから、 自然と低スピンなボールが打てます。併せて、重心深度が浅くなっており、フェース面寄りとなっています。ですから、 ボールに揚力を与えられなくて、ドロップしてしまうこともあります。だから、ハイロフトが推進されていたりもします。

ただ、ロフト角の数字が大きくなると、スピンを与えやすくなります。アイアン、ウェッジでもロフト角の数字が大きい方が スピンを発生しやすいです。 ドライバーの場合は、低重心で、低スピンなボールが打てるけど、それはバックスピン量が減るだけであって、 横の回転である、スライス回転、フック回転を相殺することにはなりません。

低スピンだから曲がりが少ないと 言われることもありますが、低スピンだからこそ、横回転が増える傾向にあります。

それも、アイアンやウェッジを例えて考えればよく判ります。アイアンの場合は、バックスピン量が多いので、横の回転が相殺 されてしまって、曲り幅が少なくなり、真っ直ぐ飛んでいるように感じます。ドライバーも同じことが言えるということであり、 無駄に低重心にして低スピンにすることは、むしろボールを曲げてしまう可能性もあるし、飛距離を落としてしまう可能性が あるということです。

吹き上がってしまうような弾道の場合は、高さは出るものの、飛距離を落としてしまう可能性はあるものの、低スピン過ぎるドライバーは、諸刃の剣だということです。ですから、昔のドライバーの方が飛ばせる理由というのは、スピン量にあったりもします。

地クラブの場合は、カーボン素材を使用して、強制的に低重心にして、無理やり低スピンにしている訳ではなく、ドライバーヘッドの重心距離、重心深度、重心位置の設計により、適切な弾道が打てるようになっています。

目次に戻る

 

 

飛距離アップするなら長尺シャフト

本当に飛距離アップを目指すのであれば、長尺シャフトを装着したドライバーを使うことです。どんなにドライバーヘッドの性能が進化して、ルール範囲内でフェース面の反発が高くなったといっても、限界があります。長いシャフトは、それだけでヘッドスピードが速くなりますから、確実に飛距離アップできます。

反発の高さ、低スピン、低重心などばかりに意識が向いてしまいますが、もっとも簡単に飛距離アップできるのは、長尺シャフトです。46インチ、47インチなどのドライバーを使うと良いです。

長尺ドライバーのデメリット
シャフトが長くなると、打点がズレやすくなります。シャフトが長いと撓りやすくなるということもあり、トゥダウン現象が起きやすくなったりするからです。
地クラブの46インチは、けっこう多い
地クラブのドライバーヘッドに、46インチくらいのシャフトを装着しているドライバーは、けっこう多いです。飛距離アップを目指して、地クラブを組むとなると、けっこう長めのシャフトから選択肢を探すということも多いです。

目次に戻る

 

 

まっすぐ飛ぶドライバー! 捉まり重視のドライバー!

捉まるドライバー、スライスを減らすドライバー、真っ直ぐ飛ばせるドライバーの特長としては、ソール側のネック軸近くにウェイトが配置されているモデルが多いです。ヘッド体積が460ccとなっているので、重心距離を短くすることは、現実的に難しいので、ネック軸慣性モーメントを高めるために、ウェイトを配置しています。そうすることで、重心角を大きくして、ヘッドローテーションをし易くしており、フェースを閉じながらインパクトすることができます。結果的に捉まったボールを打てますし、スライスを減らすことができます。

テーラーメイド グローレF2ドライバー、Mグローレ、キャロウェイ ローグ スター、テーラーメイド D-TYPEなどは、ネック近くにウェイトが配置されていますし、ドローバイヤスが入っており、とても捉まりが良くなっているドライバーです。

アスリート向けは、捉まりを抑えている

まっすぐ飛ばせるドライバーの構造としては、捉まり重視のドライバーです。殆どのモデルは、アスリート向けとなっていることから、捉まりが抑えられていることが殆どです。オープンフェースになっていたり、スクエアなフェースとなっているモデルが多いです。オープンフェースの方が、叩きにいけるゴルファーとしては、左へのミスを軽減させることができるからです。

一般的なゴルファーが良いなと思っているモデルの大半は、捉まりが抑えられています。つまり、フェード打ち用となっています。スライスが連発してしまったという人も少なくありません。特に、テーラーメイドは従来のモデルは、捉まりが抑えられており、お世辞にも捉まりが良いとは言えません。USモデルのD-TYPEは、捉まりが良くなっています。

M2ドライバー、M4ドライバーはスライスする?

テーラーメイドM2ドライバー(2017)、M4ドライバーが捉まると紹介していることもありますが、フェードが打ちやすい感じの捉まるという意味です。フックし難いけど、ストレートボールに近い、曲がらないフェードが打てるという意味です。なので、M2ドライバー、M4ドライバーを使い始めたら、スライスが多くなったという人は、ボールを捉まえる打ち方ができてないということです。この様な場合は、捉まるドライバーを使った方が賢明です。スコアを大きく崩す原因になってしまいます。

アベレージ向けドライバーは、捉まり重視

アベレージ向けドライバーは、どちらかというとスライスを減らすために、捉まりを重視した構造となっています。インパクト瞬間にヘッドローテーションしやすい構造となっています。叩けるゴルファーが、このようなドライバーを使うと、フック系のミスが多発してしまうことがあるので、注意が必要です。

反発とか弾きとかも捉まらなければ意味が無い!

最近のドライバーは、ルール適合範囲内で、フェース面の反発力を高めています。反発力が高くなれば、ボールスピードが速くなり、結果的には飛距離アップが望めます。なので、ドライバーで飛ばせない人は、ボールを捉まえて、スライス回転を減らして、直進性を高めるだけでも、飛距離アップできます。スライスボールは右に曲がった分だけ、飛距離を落とします。

目次に戻る

 

 

テーラーメイド Mグローレ ドライバー

2018年10月26日発売予定。

Mグローレは、M3ドライバー、M4ドライバーと同じように、ツイストフェースとハンマーヘッドを搭載したグローレ・シリーズのドライバーです。クラブ総重量が軽くて、振りやすくて、飛び性能の高いドライバーです。

また、重心角(重心アングル)が大きくなっており、めちゃくちゃ捉まりが良くなっています。スライスさせずに、捉まったインパクトを実現することで、フェース面の反発力を活かすことができます。併せて、スライスを減らすことが飛距離アップにつながります。

Mグローレドライバーは、ドローバイヤスが大きく入ってますので、日本では発売されなかった、M4 D-TYPE ドライバーに近い、捉まりの良さとなっており、スライスが打てないほどです。スライスを減らしたいゴルファーにピッタリなドライバーです。

目次に戻る

 

 

テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル

最近のテーラーメイドのドライバーの中でも、飛び性能が高く、低スピンだけど高弾道が打ちやすく、左のミスを減らして、打つことができるという、バランスのとれたドライバーです。とても人気が高く、テーラーメイドのドライバーのなかでも名器として人気があります。

テーラーメイド直販ネットショップでは、税込価格:26,892円(送料込)で、販売されています。 中古ドライバーよりも安いです。オススメです!

目次に戻る

 

 

テーラーメイド グローレ F2 ドライバー 2016年モデル

2016年モデルのグローレF2ドライバーの紹介です。とてもアップライトになっていることと、重心角(重心アングル)が大きく入っており、完全に捉まり重視のドライバーとなっています。重心角(重心アングル)が大きく入っているので、自然とヘッドローテーションをしてくれるドライバーです。スライスを減らすことができるドライバーです。

スピードポケット(ソールの溝)が入っているので、打点がズレても強く弾きます。今までのグローレ・シリーズの中でもフェース面の弾きも強くなっており、正直なところM2ドライバー、M4ドライバーよりも飛んでいる感じがします。日本人向けに開発されてるということもあり、日本” 人のスイングパワーに見合った構造になっています。

捉まって、弾きが良いので、平均ミート率が高くなります。

目次に戻る

 

 

テーラーメイド M4 D-TYPE ドライバー USモデル


PHOTO:フェアウェイゴルフUSA

やっぱり、人気があります。M4 D-TYPE ドライバー 2018年モデルです。USモデルしか無いというのが、残念です。従来のM4ドライバーというのは、捉まりを抑えたモデルとなっており、普通に打てば、フェード(スライス)となってしまいます。従来のM4ドライバーがフェード用、M4 D-TYPE が ドロー用というイメージでしょうか。M4 D-TYPE ドライバーは、ヒール側にウェイト(41グラム)を配置しており、ヘッドを返りやすい構造となっています。手打ちになっても、そこそこスライス回転を抑えてくれます。41グラムのウェイトというのは、かなり重いウェイトです。もともと、ヘッドが軽量化されているので、重さのあるウェイトを配置することになったのでしょう。

残念ながら、テーラーメイドのD-TYPEは、日本国内では発売されません。M2 D-TYPE ドライバーも発売されませんでした。ゴルファーがドライバーで悩むのは、スライスが最も多いはずですから、D-TYPEの需要はあるはずです。日本国内でも発売してもらえると、とても嬉しいというのが、正直な気持ちです。

M4 D-TYPEは、USモデルとして購入することができます。

USモデルですが、アトミックゴルフでも購入ができます。

目次に戻る

 

 

キャロウェイ ローグ スター ドライバー


PHOTO:GDO

USモデルでは、ローグ・ドローと名付けられています。写真を見て判る様に、ヒール側にウェイトが配置されており、ネックを軸として、ヘッドを返しやすい構造となっています。GBB EPIC ドライバーよりも、捉まり重視となっており、直進性の高いボールが打ち易くなっています。というよりも、最初から捉まり重視のスライス減らすドライバーが欲しかったというのが、ユーザーとしての声だったりしますが。

もともと、GBB EPIC は、捉まりがめちゃくちゃ良いというモデルではありませんでした。といっても、2017年に発表されたドライバーの中では、捉まるドライバーに分類されます。GBB EPIC ドライバーは、ペリメイターウェイティングでウェイトを移動させて重心位置を変更できるものの、捉まりには限界があり、右に逃げた感じのフェースアングルを変更することはできません。

ローグ スター ドライバーは、完全に捉まり重視となっています。

ローグスタードライバー詳細紹介はコチラ

目次に戻る